So-net無料ブログ作成
検索選択

まちをつくる ― 地域のちから ―

今井みのるのブログ

秦野市議会議員今井みのるが地域の生活を考えて綴る日々の思索。よりよい市民生活のための地域活性化を考えます。

秦野市議会議員今井みのるが地域の生活を考えて綴る日々の思索。よりよい市民生活のための地域活性化を考えます。

まちづくり ブログトップ

構外再築の時期は伸びたけれど 三者契約とは 契約金の不透明さ [まちづくり]

2011年2月21日
 今朝、担当課の課長と職員が朝一で自宅に来ました。当初の我が家の移転先として考えていた場所が、今回の一連の騒動で駄目になり、次の候補地に(余儀なく)決まったことを伝えました。
 役場では土日の間にも変化があったようで、構外再築の時期については今年の5月までではなく、当初の通りで良いとの事です。移転については少し余裕が出来た訳ですが、今回の騒動の原因がどこにあるのかを考えれば当然と言えば当然の処置だと思いますが、しかしその間、1ヶ月という日々が移転準備に向けて丸々無駄になってしまったという事実は自分たち家族にとってはもう取り返しのつかないことであります。急がないと自分の選挙の最中に引越しだ何だという事にもなりかねません。それだけは避けたかったのですが、もしそうなったとしても自分にはどうすることも出来ません。なので、心配しても仕方の無いことですが、性格の悪い輩は、この状況をうがった形に取り違え、きれいごとを言っていた今井が選挙にかこつけて、用地交渉をごねて引き伸ばしをしていると言い出すかもしれません。しかし、自分としては何もやましいことは何一つ無いわけですから、そうなれば全てを皆様にお知らせするだけですが、しかしいったいどうなることやら。

 しかし、市は本当に説明不足と言うか、不親切と言うか、骨身にしみて呆れるようなことばかりです。職員たちはその道のプロですから手続きを熟知していて当然かもしれませんが、実際には世の中の多くの人々が土地の売り買いをするなど一生に一度歩かないかではないでしょうか。しかも資産運用の土地売買ではないのです、行政による収用なのです。普段土地の売買などかかわりもしたこと無いような自分たち素人には、細かく説明をしてくれなければ分からない事ばかりです。今日も三者契約の話をしていたのですが、途中で課長が、三者契約とは不動産屋さんを通さず市が直接地主さんと土地の売買をするもので、三者契約は売り手側には税の控除と言うメリットがありますが、買い手側である自分には、不動産屋さんを仲介して直接売買するものとして既に不動産屋さんに支払う手数料が契約金の中に入っているので、三者契約をするとその分を県に返さなくてはいけないとの事です。まずおかしいのが、契約金に何が含まれているかなんてことは最初に確認があってしかるべきですが、ましてや、売買の方法によっては自分にデメリットがあるのであればなおのことです。しかし実際には、提示されている契約金は結局何のためにいくら見積もっているという明細がありませんので、はっきり言って契約金の妥当性をこちらは評価できないわけです。ですから、今回のように後でことが起きてから「それは既に契約金に含まれています」と言われてしまうと、こちらとしては戸惑うしかありません。
 収用目的で土地の売買をした経験がない自分がそもそも三者契約などというものに詳しいわけもなく、そもそも三者契約が用地交渉において有利であると言い出したのは当の部長なのに、何故その時にしかしその制度を利用すると自分にデメリットが生じることを説明しておいてくれなかったのでしょうか。こんなことでは今後の用地交渉が心配です。部長や課長は、用地取得の税控除は買い手には得にならないからといいますが、用地交渉を進めるにおいてはそれが有利であることは間違いの無い事で、それを行使するかしないかは別として、そう言ったことをちゃんと説明をしておく必要があると思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

個人的な嫌がらせというオチに市政の今後を危惧する 今の生活保護世帯はむしろ裕福? [まちづくり]

2011年2月18日
 秘書課との約束通り、今日は朝9時に問題の本人に面会すべく市役所に向かいました。
 途中、県議から連絡がありました。先輩議員が昨日その本人と会って話した結果、この3月までに出て行けと言うのは撤回したとの事です。ただ驚いたと言うか、まあ途中からそうじゃないか薄々感づいてはいたのですが、いきなり手のひらを返した原因が、補償の支払われるタイミングが本来はどうあるべきかとかいうような開発に関する手続き上の問題ではなく、自分の一般質問等の議会活動が面白くないのだそうです。
 つまり、今すぐ更地にして出て行け云々と言うのは、今元総理で話題になっている正に方便であり、単に気に入らない議員への嫌がらせだったという事です。
 市政を執行し、市民や市職員の規範であるべき要職に就いている人間が、個人のあくまで正当な議会活動が気に入らないと言う理不尽極まりないというか、そもそも人としての倫理にもとるような理由で、自分の立場・足元を見透かした嫌がらせをし、自分だけではなく自分の家族を巻き込んで、その将来を脅かすようなことを平気でするような人間だと思うと何とも情けないどころか、憤りを覚えます。
 自分の議会活動において何か言いたい事があるのであれば、直接自分に言えば済む事で、何の関係も無い家族をも巻き込み、家族の将来にまで取り返しの付かない甚大な被害を生じさせたことに対して、何を考えどう責任を取るつもりなのでしょうか。聞くまでもありませんが、もちろん事の最初からそんな気は全く無いからこう言う人にもとるようなことが出来るんでしょう。
 この様な方が市政の本当に中枢の要職にあると言う事実は、恐怖であります。市の今後を危惧せざるをえません。

 そんな訳で、役所には着きましたが、県議の指示通り本人には会わず、担当部長の所に行きました。部長の話では、昨日の先輩議員との話し合いの結果、この3月までに更地にして出ていけと言う事は撤回し、5月頃までに出て行けばよいとの事でした。今更撤回されても、言いだした本人は痛くも痒くもないでしょうが、ただでさえ時間が無い中、自分たち家族は手を尽くしてここまで手続きを進めて来た訳で、この事件による1ヶ月の遅れは取り戻す事は出来ないし、自分だけが被害を被った事には変わりはないと部長に言うと、これまた部長が首を振るっていて、そうは言っても今年度中に手続きを進められた方が次年度に繰り越すより被害が少ないですよと来ました。私は、何を言っているんだ、こうなった原因を誰が作り、そして、その責任が誰にあるのか分かっていてよくそんな呑気な事が言えますねと、部長に言いました。思わず部長にあたってしまたものの、確かに手続きを急がないと益々被害が大きくなりますので、急ぐことにします。

 午前10時からは生活保護について担当課と会派との勉強会です。厳しい時代背景を受け、昨今一般世帯と生活保護世帯との経済格差が非常に均衡して来たと言うか、むしろ生活保護世帯の方が一般世帯よりも良い暮らしなのではないかと言った声も聞こえるようになり、今まで生活保護費の他に更に減免措置として上乗せしていた、水道料金や公共下水道料金、粗大ごみ個別収集手数料について廃止をしたいとの事です。廃止をした場合の各料金については徴収の形をとるとの事ですが、滞納等が増えないかと言った心配がありますし、生活保護からの自立が一向に増えないというのも気になります。この問題については、そのあり方等について今後も色々と議論が必要になると思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

部長の訪問 直接の面会は避ける大人げなさ 個人権力が支配する職場への不信 [まちづくり]

2011年2月17日
 午前9時前、今日も部長から電話あり、今から自分の家に来るとのことです。
 我が家に入るやいなや、いきなり今年の3月中に更地にして出て行ってくれと切り出されました。今日は2月の17日です。言ってることがむちゃくちゃなのは部長自身もよく分かっています。それを今日は上司の命令(今井の家に行ってお前から言って来いということ)だからと言うことで来たのだそうです。そう言われたところで、自分にはどうすることも出来ません。自分は尋ねました、「部長、何を言っているのか分かっているんですか?」と。すると部長は答えました、「現実的に無理なのも分かっていますし、こんなのは子どもの使いだと言う事も分かっていますが、とにかくこれが私に課された仕事なので聞いて下さい」と。そこで自分はこんなことには付き合っていられないと思い、「来られる度に話がころころ変わるし、何も解決しない。先日の約束通り、明日朝9時に直接本人に会って話をする」と伝えました。そしたらあろうことか部長は、既に約束を取り付けてあったにも拘らず、「問題の本人は突然都合が悪くなったから明日は会えなくなったと言えと言われました」との回答です。開いた口がふさがりません。不信感というものを通り越して、不愉快にしか思えません。おそらくそれこそが狙いなのでしょう。それでも自分は最後に言いました。とにかく約束通り自分は明日の朝9時までに行くと伝えて下さいと。

 その後午前11時からは売店『やまなみ』のパートさんの面接がありました。5年間勤めてくれたパートさんが一人退職されますので、その補充のための面接です。毎回新聞折り込みと仲間のお店にポスターを張っての募集ですが、やはり時代背景でしょうか、大変応募が多かったです。面接には理事さんにも同席して頂いて面接をしましたが、何とか決める事が出来ました。早速見習いからスタートして頂く事にします。

 その後市役所に出向き、担当部課長と打合せです。午後7時には県議に面会のアポを取ってありましたので、間に合うように役所を出て県議の事務所に向かいました。県議には現在議会中と言うお忙しい中時間をとって頂いた事に対し感謝を申し上げ、今回の役所で起きている駅前開発による移転契約取り下げの問題の経緯を説明し、ご協力をお願いしました。別の先輩議員も今夜その問題の本人と会っている筈ですので、明日は何らかの動きがあるものと思います。

 県議へのお願いを終え、既に午後6時から懇親会が始まっている会場に向かいました。当然のように自分が到着してからは、自分の話で盛り上がりましたが、せめてこの仲間くらいは裏切る事無く本音の話が出来る仲間でいたいと思いました。そうでなければ市の職員に対して誰を信じて話をすれば良いのか分かりません。人間不信になりそうですし、議会活動においても、また、市民のために働く事において大変な支障をきたしそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

権力を私物化して影響力を振るわれるという実話 [まちづくり]

2011年2月3日
 8日から会派視察があるということで事務局から説明を受けましたが、正直視察どころではありません。
 視察が終われば今度はすぐに3月議会が始まると言うこの時に、我が家の移転交渉が暗礁に乗り上げてというか、白紙に戻されてしまいました。ここは慎重に動かねばなりません。一歩間違れば大変な結果になり、自分だけではなく家族全員の将来が潰されてしまいます。
 市長決裁まで得た話が、何故今回のような事態になったのかと言う具体的な説明、納得できる説明は、未だに何もありません。少なくとも自分以外の家族とはこれまでの移転に関する協議では何の接点もなかったことなので、家族が無関係な事は明らかであります。つまり、まかりなりにも行政がこれほどまでに甚大なコンプライアンス違反をしてまで、自分に迷惑をかける原因は、自分がらみの事以外には考えられませんし、だとすれば、それは議会活動以外には考えられません。
 そう言えば、以前ある執行部に言われました、正直に言えば言うほど役場担当者の逆鱗に触れるんだと。行政としての意に沿わない質問や生意気な質問をすればするほど、たとえそれが正しい発言だとしても、仕事は後回しになりますよと。
 確かに、市役区所も大きい組織であり、ある程度はそう言った部分もあるとは思いますが、自分の議会活動に関して何か言いたいことがあるのであれば直接本人に言えば済む事であると思いますし、今回のように本人だけでなく、その家族全員の将来にまで影響を与える様な大きな問題に対し、自分の権力を私物化してまでその影響力を行使したとすれば、行政を執行する立場の者としての倫理にもとりますし、まず人としての人間性に問題を感じます。

 世間知らずと言われてしまえばそれまでですが、自分としては、まさか市役所がそんな所だとは思いませんでした。民間企業と違って、皆さんの税金で運営される市役所のような所は、もっと風通し良く、職員が安心して市民の方を向いた仕事をしている、そんな職場でなければいけないと思います。
 この件は県議も心配されており、当初は夏までには全て終わらせる予定でしたが、残念です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

非常に悪質で不道徳なやり方に対し連日庁舎を訪れて説明を求める [まちづくり]

2011年2月2日
 昨日の続きになりますが、自分としては、これまでみんなで時間をかけて協議してきた内容を信じていた方であり、今回の方針変更が納得出来ないまでも、どうしてもそうしなければいけないのであれば、市ともめる気はもとよりありませんので、尊重して従っても良いと思いました。
 当然ここまで話を作り上げて来たものを市の都合で、全く別の方向転換を迫られるわけですから、それにより想定される必要な対応を用意した上での発言だと思い職員に聞いたところ、今まで話た以外の対応など何にも用意していないし、これから新たな対応は出来ないと言われました。
 ご想像がつくかと思いますが、2月となり年度末を目前に控えているので、これまでの話を一方的にひっくり返すからと言って新しい提案をする余地など市にはないのです。もしこの理不尽な変更をそのまま自分が飲めば、地権者の立場としては、大変な損害です。補償のこと、家族のこと、商売のこと、相手の地権者さんのこと、全てが頓挫しかねません。当然地域開発に関して市はその道のプロであり、ここまで来て市の都合で一方的に方向転換すれば、どうなるかなどは全て承知の上で言い出した筈です。しかもその言い出した時期もいかにもその業界がどういう時期にどうなるかという状況を熟知していて、去年のうちに話を持ち出すと別の対応を考える余裕がありそうだから、2月なら契約が終わっていて間に合わない。つまり、自分に対する迷惑の影響力を最大限に行使するには、正にこの時期しかなかったと言う事です。しかも、このことで自分が騒げば議員と言う立場もあり、夏には選挙もあると言う事で黙って従わざるを得ないことを見越した、非常に悪質で不道徳なやり方です。
 何処からか圧力が掛かっているのではと言う方もいますが、いまだに何故こうなったのか自分にはきちんとした説明がありません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

もう誰にとっても迷惑でしかないスタンドプレーにはとりあえずあきれるという大人の対応でスルー [まちづくり]

2011年2月1日
 早いもので今日から2月。我が家の息子が、今日から2ヶ月間の入院です。
 先日もお話しましたが、昨年から県道拡幅、南口駅前広場整備の進捗に合わせ、我が家は県・市と幾度も協議を重ね、両者の指示に従い、これまで滞りなく移転の準備を進めてきました。この3月までに移転用地を取得し、6月までに転居をする予定で県・市とともに話を固めてきていましたで、この度の息子の入院もその予定に合わせてのことでした。
 そこで、その移転先の用地交渉も3月の年度末を考慮すると、2月7日の庁内協議までに売り手側の地主さんと合意が必要との事でしたので、1月中に合意すべく仲介の不動産屋さん、地主さんとも準備を進めて来ていました。
 ところが先日、地主さんとの用地に関する合意の直前になって、市は構外再築は認めない、今の店を壊し、更地にしてからでなければ市は1円も補償費用を出せないと市から面と向かって直接言われました。突然すべてがこれまで進めてきた話と条件が変わってしまったのです。構外再築とは、簡単に言うと「従前の敷地以外の土地に従前と同種同等の建物を建築すること」です。つまり言葉通りに理解するなら、移転用の代替地を見つけても店を再建することは認めないといわれているのです。
 所管の部長、課長、担当も話がまとまっているこのタイミングでのあまりに不自然な変更、命令に対し何が何だか分からないと困り顔です。自分たちに対しても納得できる説明がないとのことでした。つまり、これまでの話では、引っ越しも含め、移転する先が出来てから今の土地を更地にして出て行けばよいとして既に市長決裁まで得たものをここへ来て突然、移転する先があろうがなかろうが、今の土地を更地にして出て行かなければ移転費用は一銭も払えないというのです。今までの協議内容とは全く異なるものであり、本件に関する市長決裁を覆す発言です。万が一にもこんな理不尽がまかり通れば、これまでの予定、土地購入に関する交渉も、移転の時期も、全てが狂ってしまいます。突然今になって、更地にしてから補償額を払うのが本来だと言い出した訳ですが、我が家も開発で移転するの初めてですが、一般常識に照らし合わせて考えてみて、他の住民方もそんな移転方針で納得して市に協力できるのでしょうか。新しい土地を買うのも、家を建てるのも先に自前でそろえて、そこへ引っ越して、元いた場所を更地にしてから初めて市から補償がでる。それにはどれくらいの時間がかかるか想像が付きますか?そんな時間的に余裕のある、もしくはそんな市にばかり都合の良い開発手順に納得する世帯が開発の該当地域に1軒でもあるかどうか私には疑問です。
 何度も繰り返しますが、我が家の構外再築には既に市長の決裁が降りているわけです。つまり、我が家の構外再築は手続き上にも正式に認められています。しかしそれを決裁権のない筋からどういうわけか話を覆そうとしているわけです。今まで県・市と重ねてきた協議は何だったのか。所管の部長、課長、担当職員に何度どういうことなのかと聞いても、これまでの手続きに問題は全く無いと言っているし、何よりその部下たちは、市長に決裁をもらって進めてきた訳であり、突然降ってわいたこの状況はもう誰にとっても迷惑でしかありません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

あからさまなパワハラには大人の対応で対処する [まちづくり]

2011年1月27日
 昨日、市役所から時間があったら寄るようにと言われておりましたので今日もお邪魔をしました。行って驚きました。鶴巻駅前の開発における我が家の移転に関して、今までのやり方では、市は全く対応できないと言い出しました。既に県と市の両方と何度も協議を重ねてきて双方と合意が出来ており、後は実務上の契約だけと言うところまで来ていますし、実際その実務に向けた準備も終わっています。
 移転交渉につきましては、自分の議員という立場もあり、また、速やかに移転するようにとも言われてもいましたので、今まで移転の条件等に付いて自分からは何一つ要求したことはありませんし、全て県や市から言われるままに今日までやって来ました。そして、その打合せの全てにおいて、県の担当課長・担当者、市の担当部長・課長・担当職員同席の中、全てその指示に従って進めて来たのです。当然ここまでくれば、市の職員は、既に市長の決済を受けてもいます。それなのに、その決済も承知の上で、この話は進められないと、その決済ルートとは全く関係のない人から話を受けました。
 自分は冷静さを保つために、その場では話しを聞くだけに留めました。ここで言われる通りした場合、どうなるのか担当に確認することにしたかったからです。それにしてもここまで来て、何と言う理不尽な。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

利用者にとって機能するまちづくりを [まちづくり]

2010年12月20日
 午前10時に県土木と市の担当者がお見えになりました。ようやく我が家も移転に向けて契約と言う事であります。
 契約が済んだら1日も早く更地にして出て行くようにと言われていますが、当初は昨年中に契約が出来ている予定のはずが、行政の都合でここまでズルズルと遅れ、途中いつ頃ならどうなるというきちっとした見通しも示してもらえなかった事から、我が家としても家族のことや商売のことについての結論はこれからであります。そんな状況ですから、移転先もまだ決まっておらず、これから急いで探さなければなりません。市としては郵便局前の市営駐車場か落幡神社脇の市営住宅跡地辺りを進めてくるのですが、まちづくり協議会や周辺地権者の意向等を考えると、今自分がそこに移転するのは最善のこととは思えません。
 以前にも言いましたが、早い者勝ちのいいとこ取りでは、良いまちづくりは出来ません。お互いが、まちづくり協議会等で議論して来た事を元に、開発が完成したときに、何処にどういった配置をしたら、また、どういったお店があったら地域の活性化になるのか、市民の利便性の向上につながるのかと言った、地域として最大限の機能を果たせる形を見据えて移転を行っていかないと、費用対効果が上がらないばかりか、今まで皆で議論してきた事が無駄になってしまいます。
 そのくだんの駅広については、既に正式に事業認可が下りたにも拘らず、行政側の対応の遅れから、具体的な周辺の状況が示されません。そんな訳ですから、駅周辺に付いては移転で埋めてしまうのではなく、もう少し様子を見る必要があります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
まちづくり ブログトップ