So-net無料ブログ作成
検索選択

まちをつくる ― 地域のちから ―

今井みのるのブログ

秦野市議会議員今井みのるが地域の生活を考えて綴る日々の思索。よりよい市民生活のための地域活性化を考えます。

秦野市議会議員今井みのるが地域の生活を考えて綴る日々の思索。よりよい市民生活のための地域活性化を考えます。

常任委員会傍聴は自分にとっては必須 身近な人間が議員になる事の意味 [活動]

12月9日

 今日は議会運営委員会の日でしたが、今回は家族の都合で傍聴には伺いませんでした。
 常任委員会は委員以外の議員に出席の義務はなく任意となっているのですが、自分は委員でない常任委員会であっても、議員は市政をその結果だけでなく、その進捗や経緯なども含めた全体像を把握しておく必要があると考え、必ず傍聴する様にしています。

 朝、店の仕込みをした後で、珍しく自分がおおね公園の納めに行ったところ、早速地元の方から要望を伺いました。議会は年4回ですが、議員としての仕事には365日休みはありません。顔を合わせれば挨拶がてらいろんなお話を伺います。身近な人間が市議となった事で、周りの皆さんも市政というものに対して参加型でいろいろ考えてくれるようになった証拠なのではと感じています。

 午後からは議会の間に溜まってしまった事務整理をしました。今年の汚れは今年のうちにといいますが、年内のことは年内のうちに片付けないと年明けのスタートが遅れてしまいます。
 と心配している矢先に、午後になって都市部の職員がわざわざ自分の店にやってきました。まちづくり事業において問題が生じたようです。とにかく事実確認を急ぎたいと思います。事実とすれば大きな計画変更を迫られる事になりそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

12月議会 都市建設常任委員会 秦野市水道事業給水条例の一部を改正することについての審査 [議会]

12月8日

 今日は自分が担当する委員会であり、特に今回は重要案件を抱えていましたので、早めに市役所に向かいました。
 委員さんそれぞれにご挨拶を済ませ、今日の進行とその取り扱いについてチェックを入れ、そうこうしている内にいよいよ時間となりました。
 普段、常任委員会ですと傍聴する議員は3~4人と言ったところですが、さすがに今日は10人の議員が傍聴に来ており、改めて自分のあずかる案件の重大さを実感しました。

 まず、審査事件(1)秦野市屋外広告物条例を制定することについてからスタートです。
 この案件につきましては、前にもお話しました様に、これは当初の県条例から権限の委譲を受け、秦野市に合った条例として制定するもので、委員皆さんからは特に反対に検討は無く全員賛成でありました。
 次に問題の(2)秦野市水道事業給水条例の一部を改正することについての審査であります。
 まずこの提案に対し反対の議員さんからの質問がありました。値上げ反対理由は、概ね「何故今なのか」ということでした。市民にとっては唐突な値上げであり、まだ周知が十分に出来ておらず、また、上げ幅が大きすぎるといった意見でした。
 それに対し、賛成された議員さんの意見は概ね、まず今までの市の水道事業の取組みに対しては問題があったことを共通認識とした上で、今後の水道修繕事業は10年計画と言うことだが、一貫して計画通りに進めると言う事ではなく、県水も含め常に見直しを図り、特に後半の5年については前半の5年の成果を十分に反映した見直しを行うようにとの要望が出されました。しかし、ライフラインの要としての水の安心・安全の確保には待ったなしの状況であり、これ以上の先送りは出来ない。そこで、この要望を反映した取り組みをしていくことを条件に賛成と言う事でした。
 以上の議論の末、採択した結果、賛成多数(反対1)で可決しました。
 常任委員会は何とか通りましたが、この後本会議があります。そこでまた色々とありそうで最後まで気が抜けません。
 今回の審査の全てをここで申し上げるのは難しく、今後の議員活動の中で皆さんにお伝えして行きたいと思います。

 その後の委員会質問は、1名の議員からの下水道(雨水管整備)に関する質問がされました。
 以上、午後2時に委員会は無事終了しました。

 今日の午後2時からは鶴巻で源泉活用検討会が開催されていましたが、自分は委員会後も色々とご挨拶や各課へ市民要望などのお願い事がありましたので、その席には間に合いませんでした。後で検討会の様子を聞いたところ、今日は掘削現場の見学と掘削結果の説明で終わったとのことでした。

 午後7時半からは地元商店会の会合があったのですが、既に執行部との予定が入っていましたので、そちらも参加する事が出来ませんでした。自分が所管する常任委員会も終わり、12月議会も終わりが見えてきましたが、年末と言う事で今度は忘年会や懇親会で手帳が埋まって行きます。なお一層の体調管理が必要です。本当に体力が無いと勤まりません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

サービス業と言う認識が欠如した施設運営の闇の深さはどれほどか 対応を問題視されていることへの意識の低さの恐ろしさ [議会]

12月7日

 今日は環境産業常任委員会です。
 今回この委員会に付託されている陳情等は無く、1名の議員からの委員会質問だけとなりました。内容は、昨今話題になっている、熊の問題と生き物の里についてでありました。
 その質問のあと、協議会と言うことで、所管である源泉掘削について報告がありました。その中で、あるお客様が弘法の里湯に行かれ、駐車場等の順番待ちでかなり施設側の対応に不満を持ったと聞いているがその対応はどうなのかという質問がされました。
 しかし執行部からは、その都度民間の駐車場を紹介しており、近道を歩いてくれば施設まではそんなに時間は掛りませんなどと言う、相変わらずお客様の気持ちを理解していないと言うか、お客様からしてみれば理解出来ない答弁ばかりです。民間の駐車場にお客様を回すのも活性化だと言わんばかりの言い訳ですが、お客様の気持ちを考えれば、オープン以来9年間も同じ問題を指摘されながら改善をして来なかった事の回答としては、あまりにもお粗末だと言わざるを得ません。
 そんな答弁ですから、最後に質問の議員から、もう少しサービス業としての対応というものを考えるようにと言われる始末です。本当にこれで市の弘法の里湯運営は大丈夫だと思われますか?

 今日の委員会は議員1名の質問だけと言うことで早く終わりましたので、委員会終了後は庁内を各課を要望の協議等、お願いに回りました。

 明日はいよいよ水道料金値上げの条例改定の審査ですが、色々と工作をされている議員さんもおられるようです。担当の事務局職員も心配をしていますが、殆どの委員さんは、いままでの市の取り組みについてそれぞれご意見はあるものの、それはそれとして、今後も水をライフラインの要として安心・安全に確保する責任からも、市として最優先で取組むことへの必要性を十分に理解されていますので、最善の選択をして頂けるものと信じています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

まちづくり事業を進める立場とその渦中に身を置く立場の狭間で [議会]

12月6日

 今日は文教福祉常任委員会です。
 ここは陳情の付託の多い委員会で、継続審査と合わせ今回は全部で9件の陳情審査が行われました。
 自分は午後から県土木との打ち合わせがありましたので、午前中しかいられませんでしたが、継続審査の陳情26号、27号、そして、30号の3つの審査は不採択、陳情第34号の国民医療と国立病院の充実を求める陳情と、陳情第31号の医師・看護師等の大幅増と夜勤改善で安全・安心の医療・介護を求める陳情は趣旨採択でありました。その他4件の陳情を含め、詳しくは議会ホームページをご覧下さい。

 午後2時から自分の店にて県土木事務所との打ち合わせです。早く退いた方が事業の進捗状況が地域の皆さんによく伝わるし、その方が行政としても都合がよいというのは分かっているのですが、賑わいの拠点等地域活性化のためにはどうあるべきかということを考えると、まちづくりに関わってきた一人として悩まずに居られません。それにしても事業の進捗と地域のタイミングとが合いません。全国的にそうなのでしょうが、まちづくりに対して国も県も市町村も、それが本当に地域の活性化となるような取り組みになるよう、見直しをすべき点はかなりあると思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

体を労わる 久しぶりの整体 [オフ]

12月5日

 日曜日ですが、今日は店に予約等の仕事は入っていません。
 納めの仕事が落ち着いた所で久しぶりに整体に行き、今日は体を休めることにしました。


タグ:整体
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

今年最後の大根川の草刈り メタボと世間は言うけれど [活動]

12月4日

 今日は今年最後の大根川の草刈りでした。草刈りといっても今回は伸びた酔芙蓉の枝を切り落としそれを束ねて結わく作業です。しゃがんで結わくのは腹の贅肉が邪魔する自分には辛い作業ですが、何とかお手伝いが出来ました。正直来年は、少しやせないといけないなと考えています。
 とにかく皆さんは手馴れたもので、順調に作業も終わったあとは、みんなでのどを潤しながら、歓談されていました。次に集まるのは来年の5月となります。

 自分はその後店の仕事が待っていましたので、皆さんにご挨拶をして、店に戻りました。12月とは言え、まだ暖かくかなり汗を掻きましたので、汗を流してから仕事仕込みを始めましたが、考えてみれば普段は事務仕事に追われるばかりで、気持ちの良い汗をかくことなど殆どありません。こう言った汗を1日1回くらい掻いていれば体にも良く、少しは痩せもするんでしょうが、なかなか思うに任せません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

12月にゲリラ豪雨 鶴巻では前代未聞の駅前北口が冠水 [議会]

12月3日

 12月議会も昨日で一般質問が終わり、今日からは常任委員会ですが、今朝もの凄い雨が降りまして、鶴巻地区のいたる所が冠水しました。
 いつもの所はもちろんですが、今回は北口の駅前広場が冠水しました。自分も50年来鶴巻に住んできて駅前が冠水するなど初めてのことで驚きました。

 これは冠水した鶴巻温泉駅北口のロータリーです。車道も、タクシーの車回しの部分も完全に水に浸っています。

DSC09746_R.JPG

 前方から来る車が水たまりをよけて走ろうとしています。二次被害を起こしかねない状況です。

DSC09744_R.JPG

 北口の源泉掘削現場の周りも水が溜まっていました。クレーンの右側に、この強烈な雨を降らせた雨雲がまだ見えます。

DSC09741_R.JPG

 春まつりにはの並ぶ場所ですが、水面に波が立つほど水が溜まっています。

DSC09742_R.JPG

 植え込み部分を囲むように道路側にも歩道側にも水がたまっています。
 写真にも映っていますが、突然の雨はこれまた唐突にあがって、その後はさんさんと日が照りつけました。

DSC09743_R.JPG

 雨が上がった後は、とにかく気温も12月とは思えない暖かな陽気であり、普段なら乾燥しているこの時期にこんなゲリラ豪雨が降るとは思いもしませんでした。やはり自然が狂っていると言うか、何かがおかしいと感じます。自分の仕事柄、小田原の魚市場での漁果を見ましても、いまだにツノダシやアミメウマズラハギと言った南の魚が揚り続けるという異様な光景があります。つまり、この季節になっても相変わらず海水温が高いことを示しており、その影響などもあって今朝のような時期はずれの雨が降るのだろうと思います。

 朝、地域を見て回ったのですが、今回の冠水の特徴としては、いつもの所もそうでしたが、落ち葉の時期と重なり、その落ち葉や枯れ草が水で流され側溝や排水溝が詰ったことで、いつもより水の被害が多く出たようです。北口の駅前広場の冠水などはその特徴的なものでした。

 鶴巻温泉駅北口から弘法の里湯へ入る交差点付近には、雨で運ばれて来た大量の砂が堆積していました。

DSC09749_R.JPG

 この砂の量からも雨の量や勢いがどれほど激しいものであったかということが推測されます。

DSC09748_R.JPG

 自分が確認したところによりますと、今回の豪雨は、1時間で見れば52ミリと言う事でしたが、一番激しかった30分換算ですと110ミリ近かったと言う事ですから、現在建設中である鶴巻のポンプ場が完成していても、雨水管等も含め50ミリまでの対応設備であることを考えると、今回の冠水も完全には止められなかったのでは思います。いずれにせよ、今回の状況を見るにつけ、現設備ではこれから増えるであろうこの規模のゲリラ豪雨による冠水を完全に防ぐ事は難しいと言わざるをえません。冠水地区にお住まいの皆さんには、建物の基礎を高くして頂くとか保険に入って頂く等、自己防衛を十分に図ることが必要となってくるでしょう。
 それと、この時期にもこの様な豪雨が降った例を踏まえると、これからは、頃合を見計らって地域で落ち葉や枯れ草の掃除をする必要があると思います。

 それにしても今日は朝から「お前はちゃんと見回っているのか」、「市役所はちっとも来ないがどうした」などなど、大分お叱りのお電話を頂きました。お気持ちは分かりますが、事前に来ることの分かる台風などと違って、突発的かつ、局地的に起こる豪雨でこれだけあちこちで冠水をしますと、その全てを皆さんのタイミングに合わせて見回るというのは物理的に不可能であります。役所贔屓をする訳ではありませんが、行革と言う名の下に職員、予算が削減される中で、担当の職員たちは良くやっていると思います。公務員と言えども1000人からいれば、中には皆さんご指摘の様な不埒な職員もいるかとは思いますが、一方で、市民のために一生懸命務めている職員も大勢いることもご理解頂きたいと思います。
 しかしながら今回の豪雨は、特に出勤前の時間帯と言うことで初動が遅れましたことにつきましては、反省をすると共に、今後の取り組みに活かして行きたいと思います。

 今日は午前9時半から総務常任委員会がありましたので、地域を一回りした後、状況を担当課に連絡し、市役所に向かいました。
 総務常任委員会では、(1)「非核三原則の法制化を求める議会決議・意見書採択の陳情」と、(2)「尖閣諸島海域における中国漁船領域侵犯に関する意見書の提出を求める陳情」の2つが付託されていました。
 審査の結果(1)については国の動向を見極める必要性があるとの事から継続審査となり、(2)については採択(反対1)となりました。
 また、協議事件として北朝鮮の砲撃に抗議し、世界の恒久平和を求める決議が提案されましたが、審査の結果、議定議案として今議会に提出する事になりました。その後、各委員から通告のあった所管事務に関する質疑がありました。(詳しくは、議会ホームページで)

 委員会終了後、鶴巻に戻りましたが、ゲリラ豪雨の爪あとは大きく、終日、床上浸水の対応や地元と市の調整に追われました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

12月議会 一般質問最終日 議員活動と自営業の両立に厳しい毎日 [議会]

12月2日

 今議会の一般質問は19名です。
 一日で午前中3名、午後4名の計7名が質問に立ちますので、特に問題が無ければ最終日の今日は午後3時頃が終了の予定でとなっており、今議会は特に問題も起きず、ほぼ予定通り終了しました。

 議会終了後、店に戻り、明日明後日と予約の注文が入っていましたので仕込みを急ぎました。
 この時期は店の仕事と議会が重なって生活のリズムがかなり厳しくなります。用件も優先順位を付けて旨くこなさないと時間が足りません。
 議員の中でも早い人は既に来年の選挙に向けた活動を始めているとも聞きますが、議員を勤める一方で、家族と一緒にお客さんの待つ店を商う自分にはとてもそこまでの余裕はありません。なかなか皆さんの所にご挨拶にも行けませんが、この年末・年始を無駄にせず準備を済ませ遅れを取り戻すべく頑張りたいと思います。もちろん暴飲暴食にも気を付けないといけませんが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

12月議会 一般質問二日目 [議会]

12月1日

 一般質問2日目です。自分の順番が回ってくるまでは、執行部との打ち合わせや緊張感で時間の経過が早く感じられ、眠くなる事はありませんが、自分の番が終わってしまうと緊張からの解放感もあって時間の経過が遅く感じられ眠気も襲ってきます。質問の内容にもよるのですが、朝から夕方まで椅子に座ったまま話を聞くだけでは緊張感の維持が大変です。そんな訳で、今日、明日と長く感じられる2日間ですが、失礼の無い様に頑張りたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

今井みのる12月議会一般質問 農業問題と温泉掘削後の具体的なアクションプランについて [議会]

11月30日

 12月議会の一般質問初日です。予定通りに午前9時に開会しました。
 前任の二人の質問が終わり自分の番がやってきました。

 議員として聞きたい事はたくさんあり、これまで自分の一般質問では毎回3項目をあげて質問して来ましたが、担当課の答弁が的を得ないまま不要に長くなってしまうことがあり、常々質問の時間が足りないと感じていたため、今回は、(1)「本市の農業問題について」と(2)「温泉掘削の終了と活用について」の2項目に絞ってを質問させて頂きました。
 しかしながらそれでもやはり自分の再質問の時間が足りなくなるという事態になりました。一人の議員に与えられた時間は再質問も含めて1時間しかなく、そのことからも答弁にあたる担当課とは事前に時間を費やして調整をしていると言う背景がありますので、不足ない質疑を行うためにもスムーズな議運についてもう少しお互いに配慮と努力が必要かと思いました。

 (1)の「本市の農業問題について」では、現在の少量多品目と言う取り組みだけでなく、秦野の素晴らしい立地、環境を活かし、その中から秦野の気候風土にあった、また、将来性があり付加価格等も見込める作物を選定し、秦野の名産、基幹作物に育てていく。つまり秦野野菜をきちんとしたブランドとして育て、商品化し、市内のみならず、周辺地域にアピールしていく。そう言った新たな取り組みもすべきであり、また、そう言った取り組みが安定した農業経営や新規就農者の更なる収入の安定にもつながるのではとの立場から市に質問をしました。
 また、都市農業を目指す本市の問題点として、ますます進む住宅化と畜産との共存について質問しました。農家が努力しているとか、市も堆肥化の努力をしているとの事ですが、根本的な対策を早急に講じないと秦野の畜産の将来は無いと思います。

 (2)の「温泉掘削の終了と活用について」では、主に掘削後の活用について質問をしましたが、市の懐が危機的状況の財政状況であるにもかかわらず、相変わらず温泉を掘ってとにかく湯を出す事しか考えておらず、後の事はその「危機的状況」というものの実態を把握出来ていない市によって選ばれた地元の活性化委員会に丸投げであります。
 市としてこの源泉を使って地域をどうしていきたいのか、具体的にどう活性化を図っていくのか。その結果、掛る費用に対しどう返済していくのか、つまり既に施設の老朽化が懸念される「弘法の里湯」などについての費用対効果をどう考えているのかとお聞きしましたが、今回も市からは具体的な計画やビジョンについての回答は何もありませんでした。
 担当部長の的を得ない答弁では埒が明きませんので、というか、自分が質問した意味がなくなってしまいますので、最後に市長に答弁をお願いしたところ、自分が質問した点も踏まえて、市の責任においてきちんと対応するとのお答えを頂きました。
 この厳しい財政状況下で巨額を投じて行った事業です。とにかく市のために、地域のために、また、市民のために十二分に役立てる活用法を実現して頂きたいと思います。自分としても、この事業が浮ついた取組みにならない様に、これからも注視してまいります。

 なお、この一般質問の様子は録画されており、下記リンクからご覧頂けます。
 「今井実 平成22年12月定例会 本会議(一般質問) (11月30日) 」

 議会は傍聴自由ですので、是非一度議場に足をお運びいただき、市政に関する実際のやり取りの空気を実感して頂きたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域