So-net無料ブログ作成

まちをつくる ― 地域のちから ―

今井みのるのブログ

秦野市議会議員今井みのるが地域の生活を考えて綴る日々の思索。よりよい市民生活のための地域活性化を考えます。

秦野市議会議員今井みのるが地域の生活を考えて綴る日々の思索。よりよい市民生活のための地域活性化を考えます。

12月議会がすぐそこに 二足の草鞋の厳しい現実 [活動]

11月23日

 昨日は少し飲みすぎてしまったようです。昼過ぎには体調も良くなって来ましたが、いよいよ明後日からは12月議会です。疲れ気味の体調を整えなければいけません。しかし、まだ一般質問についての具体内容を詰めていませんので、事務整理を兼ね議会の準備をする事にしました。
 議会が近づく度に思う事ですが、もう少し余裕を持って準備出来るようになりたいです。しかし、個人事業との二足の草鞋ではこれが現実なのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

議会の必要性、議員の価値とは 改革はそれぞれの意識から [活動]

11月22日

 今日は午前10時半から市役所で会派会合です。
 議員報酬の件についてですが、今議会で何らかの答えを出さざるを得ず、各会派色々と思惑が錯綜しています。協議の結果、会派としての方向性は見出せました。この後の代表者会議でどうなるかです。
 ただ、以前にも申しましたが、今回の議員報酬等の議論や動きを見ていて、議員の立場と言うか議員の職務と言うか、議員は何かと言う事がきちっと議論、理解されておらず、こう言うものだと他に示せるものが何もなく、本当に軽い。だからその報酬も定数もその時の風潮に簡単に流される。周りの顔ばかり伺っている。こんなにも議員の立場が軽く足元がぐらついているようでは、市民の代表として本当に自信を持ってその職務を遂行する事が出来なくなってしまうのではと心配になりますし、なにより後世を背負って立たねばならない優秀な若い世代が議員になるのを躊躇してしまうと思います。これでは結局有権者の思いとは逆行してしまい、悪循環です。ますます個人的に経済的余裕のある人しか出来なくなってしまう。議員になって分かりましたが、議員と個人事業主の二束の草鞋は履けない、ましてや自分の仕事がその事業の一端を担っているのであればなおのことです。それでは市民の付託に十分に答えられない。自分としては、議員という仕事はボランティアでは出来ないと思います。

 午後7時からはやまなみの総会です。理事長として協同組合ほっとつるまきとの統合を提案させて頂きました。総会前には、会員の殆どが今日の総会で決めたいと言っていましたが、たった一人の異議で時間をかけての協議と言う事になりました。自分としてはこれまでの流れからそのつもりでおりましたので、この手間は想定の範囲内です。たった一人が皆のやる気に冷や水を浴びせる。一方で、他の仲間も一人の発言に対し何も答えられず黙ったままです。かと言ってその反対意見を認めるわけでもない。昔からちっとも変わらない。相変わらずの体たらくです。いい加減にこう言った場できちんと議論が出来ないといつまで経っても何一つ決められない。前に進んでいかない。先輩たちのこう言った体質が地域商業の一体化、活性化を阻害して来たわけで、長いこと自分が長を務めてきた要因であり、なかなか若い世代が伸びてこない一因でもあるのです。
 自分は、親の代からこの地域で商いをさせて頂いて来た事もあり、土地に愛着もありますし、少しでも良くなってほしいとの思いもありますので、自分で出来ることであればと今まで頑張って来ましたが、全体の将来を考えればこそ、いつまでも自分が今の立場を勤めることは出来ません。来年春の「やまなみ」、「ほっとつるまき」の一体化までは頑張りたいと思いますが、それまでに何とかそれぞれが意識改革をしてほしいと願うばかりですが、それも時間がありません。

 総会の後、出席をして頂いた生産者の皆さんと二次会に行きました。こう言った場で無いと聞けない話、要望をいろいろとお聞きしました。しかし、商人は誰も付いてきません。生産者や業者さんと普段から十分に意思の疎通が出来ていると思っているのでしょうか。せめて役員の何人かは主催者として声を掛けるくらいであってほしいと思います。自分が言えば役員も何人かは来たのでしょうが、あえて言いませんでした。もう少し大局的に考えられる人が出てきてほしいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

秦野市は農業も観光ももっと積極的な特徴づくりの工夫をすべき [活動]

11月21日

 19日に三竹先生のご母堂が亡くなられ、ちょっと遅れましたが今日会派の皆とお悔やみに伺いました。98歳との事で、大変ご長寿のお母様でした。

 その後、11時40分からcで生産者の褒章式と言う事で、農協本所に向かいました。褒章式の前に出品されている農産物を拝見させて頂きましたが、どれも秦野にもこんな素晴らしいものがあるのかと言うほどの出来栄えです。ただ先輩議員が褒章式の時に言っていましたが、それぞれいい物を作っているんだが、残念なことにその人くらいしかおらず、秦野の名産・特産品として販売ルートに乗せる程の量が無い。また、そういった仕組みも出来ていないとのことです。
 以前、秦野の観光の件でも言いましたが、我が秦野市はそう言った、他に市を特徴づける仕掛けと言うか取組みが下手のように思います。行政視察で他県にお邪魔する時など特に感じるのですが、先方へのご挨拶で丹沢の山懐にあるのにも拘わらず、秦野の名産・特産品が思いつかない。そう言った点についても今後指摘をして行きたいと思います。
 褒章式の後、模擬店等を見て歩きました。結構人出がある様に思いましたが、関係者によるとお客様の人数は例年よりかなり少ないとの事です。やはりこんな所にも不景気の影響が出ているのでしょうか。値段にもかなり敏感との事でした。

 夕方家に戻り、明日のやまなみ総会の準備です。無事に終わるといいのですが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

予約の仕事で立て込んだ1日 地域パトロールの参加者の少なさに不安を感じる [商店会]

11月20日

 いつものように朝はおおね公園売店とやまなみの納めを片付けてから、昼には天ぷら定食25人前の仕出しです。それの納めが終わると今度は午後3時に「横浜の会」の皆さんが店の2階にお見えになるのでその準備に取り掛りました。
 この「横浜の会」の皆さんとのお付き合いはもう5年になるでしょうか。地元の原先生の同級生の集まりで、先生が横浜で勤めていた時のお仲間だそうです。年に一度皆さんが鶴巻に集まって周辺を散策などされた後、食事とお酒を酌み交わしお帰りになります。5年前に原先生が紹介して下さり、以来気に入って頂き、お帰りになる時に来年の予約をして行ってくれのです。この厳しい時代に本当に感謝の一言です。今年も皆さんお元気の様子で何よりでした。
 先生たちはまだ2階におられますが、次に午後7時から店の1階に5名様の予約があり、その準備を並行して行いました。5名様にお料理を出した始めた頃に商店会の役員が集まって来ました。こちらも午後7時から会合です。

 会合も終わり、今度は午後9時から防犯パトロールに向かいました。夜は寒いかと思いましたが、風が無かったせいか思ったほどではなく、早歩きのせいか温かいくらいでした。ただ自分が始めたころから比べると集まりが悪いようです。何でもそうですが、継続していくということ自体が大変な事業です。今の時代背景もあるのでしょうが、自分の店の維持に追われ商店会を引っ張って行くリーダーがいなくなり、だんだん商店同士の関係が疎遠になって行く。商店会の将来が心配です。
 パトロールが終わって家に帰ってくると、既に午後11時前でした。

 実は、今日は正午に秦野市農協本所で農業祭りのセレモニーがあったのですが、このような訳で出席できませんでした。とにかく忙しい1日でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

店の仕込み8時から21時まで 商業の一極化で日本が失うもの [もの思う]

11月19日

 朝の8時に仕込みをスタートして終わったのが夜の9時。
 途中の休憩は、朝のコーヒーと昼食で合わせても1時間くらいでしょうか。
 予想していた事ではありますが、仕込みだけに集中してこれですから、店や出前をやりながらでは0時を回っていた事でしょう。長いこと商売をやって来た中で、これくらいの忙しさは珍しい事ではありません。職種を問わず、自営業者は忙しいと言えば大体こんな様子ではないでしょうか。
 自分の店は自営業ですから家族も同様ですが、今の時代、自由競争の厳しさからそこまでやっても儲からない。やればやるほど赤字が増えて行く。個人商業者には大手のような公的資金投入など、望むべくもありません。やめられる人はまだ良いのです。殆どの個人商業者は借金等の問題を抱えており、やめるにやめられないのが実情です。

 地域商店会は、本来の人間関係が崩壊してしまったこの時代に残された、人と人とを地域にを結びつける重要なコミュニティとして、また、買い物難民と言われる高齢者のより所として、これから更にその存在が求められているにも拘らず、地域商店会の置かれている現状やその将来は危機的状況であると言わざるをえません。かつては、小なりといえどもその数の多さから、地域の雇用の担い手として少なからず貢献してきたものと思いますが、家族の収入さえままならない状況ではパートも雇えませんし、ましてや若い従業員などは居付く訳もありません。益々進む経営のグローバル化や競争社会を生き抜くための大手大型店舗への一極化やチェーン化等の流れの中では、個人商店など無くなってもさして困らない人が多いのかもしれませんが、それがために日本が本来持っている良さが、らしさがどんどん無くなって行く、それで良いんでしょうか。テレビ番組で外国人の方が、日本の素晴らしさを褒めているのを見かけますが、私達が一極化の中で失おうとしているのは、外国には無い、正にその部分なんですがね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

居心地のいい場所 立て込む仕事と迫る12月議会 [議会]

11月18日

 久しぶりに今日は下水道部に行ってきました。
 先日下水道部長のご母堂が亡くなられたのですが、葬儀に参列する事が出来ず、挨拶を兼ねてお邪魔をした次第です。
 下水道部長には、都市部長の頃からお世話になっており、気心も知れていると言う事で、会えば自然と話も弾みます。話が弾むとは言っても、今日は葬儀の直後と言う事で、お母さんの思い出話やお母さんがやっていたお店の話を懐かしそうに話されました。伺ったのが遅かったので、長居は出来ませんでしたが、部長以外にも課長はじめお世話になっている職員がたくさんいて下水道部は居心地の良い所です。

 明後日20日は店に予約の仕事が立て込んでいて大変忙しく、今日のうちに献立を決めて市場へ魚の発注をしなければいけません。明日はその仕込みで1日終わってしまうと思います。その後も総会や行事が詰まっており、12月議会が今月25日からと目前なのですが、この忙しない様子のまま突入することになりそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

母の一周忌 話に花の咲く母の兄弟たちの様子に和んでいたら夜の会合をすっかり忘れる [活動]

11月17日

 早いもので、今日は、亡き母今井とりの一周忌であります。
 昨日、夜になって先輩議から鶴巻に来ているので出て来いと言う電話があり、早く寝て明日に備えようと思っていたのですが、お付き合いをした結果、今朝は体調がすぐれません。
 しかし、今日は何といっても母の一周忌ですので、何とか時間までにお寺に行き、無事に法事を済ませることが出来ました。
 母の兄弟たちも全員集まってくれまして、自分の家でおもてなしをしました。当然貸切ですし、時間の制限も無く、皆家にも近いと言う事で、時間の経つのも忘れ久しぶりの集まりを喜ぶかのように本当に楽しそうに話し合っていました。みなさん少しでも元気で長生きして欲しいものです。

 法事が終わってホッとしてしまったのか、午後7時からの会議所での会合をすっかり忘れていました。一息ついてから、ブログの記事を書いていると昨日の先輩議員から携帯に電話がありました。おう来れないのかと。そう言われても最初は気が付かず、気付いてからは大騒ぎです。鶴巻から会議所まではかなり遠く、道中気は焦りましたが、開き直って事故にならないように気を付けて会場に向かいました。お陰で何とか格好がつきまして一安心です。電話を入れてくれた先輩に感謝です。
 もう来年の選挙は始まっています。議会と選挙の1年になりそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

12月議会の一番の問題 行政の責任と議会の役割 自分を省みずに相手ばかりを責める姿勢 [活動]

11月16日

 今日は午前10時から議員連絡会、議会全員協議会、更に議会活性化特別委員会と続き、昼食をはさんで午後一に市長との会派懇談会、その後担当課を回っての地域要望とまさに目まぐるしい1日でありました。

 まず議員連絡会では、県央八市の研修会についてと渋沢駅周辺(中央区)土地区画整理事業に関しての換地処分取消請求事件についての説明がありました。そして議会全員協議会では、秦野市新総合計画基本構想(案)についての説明がありました。午前中最後の議会活性化特別委員会では議会で議決すべき事件に関しての議論で、こちらは例によってなかなかまとまりませんでしたが、今回は新たな議決事件の条例化は見送り、執行部との協議を深めた中で条例化することで収拾しました。

 午後からの市長との会派懇談会では、12月議会に上程される議案や専決処分等についての説明とそれに対する質疑が行われました。
 自分は、県から秦野市に移譲される屋外広告物条例と、12月議会で一番の問題であり、自分が委員長を仰せつかる都市建設常任委員会に付託されるであろう水道料金の値上げについて質問しました。市長は安心・安全の確保のためには何としても料金の値上げは必要であり、ご理解を頂きたいとその理由を説明されましたが、自分は、平成7年以来、具体的な対策を講じて来なかった無策をまず市民にお詫びする事が先で、それと共に、値上げの必要性に対して十分な説明責任を果たすよう要望しました。
 この問題もそうですが、こう言った失策に対しては市長をはじめとする執行部ばかりを簡単に責める議員さんがいますが、もう少し冷静にご自身も省みる必要があると思います。なぜなら、市が値上げをしないその間、ただ借金を膨らませているその間、ご自身も議員として市政に関わっていた訳で、その間に議員として、議会として、問題を指摘して来なかったと言う事実もまたある訳です。相手を責める前に、まず議員や議会が行政のチェック機能として十分な対応を取れなかった、その責任においてまずは反省する必要があると思います。

 その後、地域からの各要望に関して担当課を回って来ましたが、日の暮れるのが本当に早くなりました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

地域の仕事は現場に足を運んでこそ 商店会の将来に前向きな理解を示せない仲間 [活動]

11月15日

 昨日の第一自治会のふれあい祭りで皆さんからお願いされた件について、市に確認とお願いに行きました。
 自分は市道や施設などに関して相談を受けた場合、出来る限り自分で現場の状況をチェックし、その時の様子を写真やビデオに記録してから市に伺う様にしています。言葉だけで説明するより、画像や映像と合わせて情報を共有することでより早く、より正確に伝えることが出来ます。
 今時はそれくらい当然と思われるかもしれませんが、こうした写真やビデオ映像での情報共有は、議員と職員間でも、また役所内の業務としてもまだまだ特別視されている様なところがあると思います。確かにデジカメやビデオカメラと言ったツールを持つ必要はありますが、しかし、写真や映像は対象への認知度を上げ、誤認を防ぐなど様々な業務の効率化につながるものであり、なによりそれが丸ごと作業の記録として残ると言うのが最大の業務効果です。より正確で迅速な情報共有と業務記録、この2点から、こうした画像や映像はもっと積極的に業務に取り入れるべきだと思います。

 その後、一度家に戻ってから娘と住宅展示場に行きました。今まで全く縁が無い所で、もちろん一度も足を運んだ事が無かったのですが、店の移転が近付いて来ましたので、参考までに見ておこうと言うことになりました。
 いろんな会社のモデルルームが建っていましたが、殆どが閉まっていると言うか誰もいません。案内所の様な所がありましたので、訪ねてみると土日祭日はどのメイカーも待機をしているのですが、平日はあまりお客が無いらしく、各社ばらばらに対応しているとの事でした。しかし、幸い見たいと思っていたメーカーのモデルルームは開いていましたので、話を聞く事が出来ました。
 うちのおやじはいくつも家を建てましたが、それこそ自分自身で建てていましたが、自分は今の店を改修した経験しかなく、営業の方の説明を聞いて完成までにあまりにも時間が掛る事を聞き、改めて驚きました。これでは今の店をすぐにも退くと言う訳には行きそにありません。ただ来年は4月の統一地方選挙、8月の市議会議員選挙、噂では6月頃には衆議院の選挙もあるのではと言われており、家どころではありません。どうすればいいんでしょうか。

 午後8時からは、やまなみの総会前最後の理事会です。思った通り、最近欠席がちだった理事が出席され、ほっとつるまきとの統合に対し、否定的な意見を述べられました。今までの経緯からもそうした発言は十分に想像できたはずですが、午後11時まで相談しても次期理事長は決まりません。それが今の商店会の実態です。いつも申し上げている事ですが、いつ果てるともない我々個人商業者を取巻く厳しい環を踏まえ是非ともご理解を頂きたい所であります。ただ、自分の後が心配なのは、たった一人の理事の発言に対して他の理事が全く発言しない事であります。自分が変わる事でその辺の意識に変化が出ることを望むばかりです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

根拠の無い喧伝への違和感 市民への公言はそれなりの論拠をもってすべき [活動]

11月14日

 今日は午前10時から地元第一自治会のふれあい祭りでしたが、店に仕出しの予約が入っていたためそちらの仕事を済ませてから、ふれあい祭りには少し遅れて11時にお邪魔しました。
 あいにく今日はすっきりとした秋晴れとは行かなかったようですが、風がなかったせいか寒さは感じませんでした。そのせいか、会場の落幡神社にはかなりの人が集まっていました。特につき立て餅の無料配布にはかなり長い列が出来ていました。

 会場受付の後ろのテントでは、いつもの様に地域の皆さんが集い、和やかに飲食をしながら懇親を深めておられました。自分も遅ればせながら仲間に加えさせて頂きました。既に挨拶をし、帰られた議員さんもいた様で、遅いよと言われてしまいましたが、遅参についてはお許しを頂きました。それでもせっかくだからと気を使って頂き、ご挨拶をさせて頂いたのですが、先に来た議員は温泉が出るので足湯を作ると大きな声で挨拶して帰って行ったけど、どうなんだと聞かれました。実際掘削は終了しましたが、どれだけの量の温泉が出るかは今の所、全く分からないのが実情ですから、いたずらに民意をあおるのではなく、具体的な泉質や噴出量がはっきりしてから、里湯を含めた源泉活用の優先順位や厳しい財政状況を踏まえた適正な維持管理費の在り方も検討した上で市民に周知すべきであり、自分からも皆さんにはその様に申し上げました。
 水道料金の値上げなどもそうですが、来年8月の選挙まで1年を切っており、今後この源泉掘削に限らず、市民のためと言うより、そうした選挙を意識した言動が増えて来る時期かもしれません。

 もう少し皆さんとゆっくりしていたかったのですが、午後も仕出しの予約がありましたので店に戻りました。調理が一段落した頃、来年1月の里湯キャンペーンについての打合せに里湯の支配人が来ました。気がつけば早いもので、後1ヶ月半ほどで新しい年が来ます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域